読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神大震災と、きたろう君

f:id:kitaro-teturo:20170117183124j:plain

 

 

今日、きたろう君が息を引き取りました。

8歳まで生き、鶏にしては大往生です。

 

 

今日は阪神大震災の日。

朝のニュースで、ああそうか22年目か、と気づかされた。

ニュースで流れるまで忘れていた。

 

日々の生活の中で、記憶は風化する。

記憶をつなぎとめてくれるものって何だろう?

 

きたろう君が往生したと知らせを受け、きっと数日の大雪の寒さが老体にこたえたんだろうと聞いた時、地震の数日前の、忘れていた記憶がいっぱい蘇った。

 

その日も大雪だった。

高校1年生の時。

 

真っ白な雪景色の夜道を歩いてた。雪に埋もれて歩いてたら、八甲田山を登ってるような気持ちになった。

 

震災で直接大きな被害を受けていない私は、この雪景色が当時を思い出すよすがとなる。

 

きたろう君と震災は何も関係は無いけれど、2つが不思議に結びついた。

かけがえない命の喪失という意味で。

 

生き物を飼っていたら、あまたの別れに遭遇する。

毎回、それはそれは切ない。

どんな寿命の短い生き物でも、小さい生き物でも、命の価値は同じ。

大雪ときたろう君、阪神大震災

 

きたろう君、さぞ寒かったろう。

一番小さい身体で長生きした鶏、きたろう君。

 

阪神大震災から22年目ー、雪景色に見守られながら、きたろう君は息を引き取った。