読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イブ奈良

今日、心斎橋筋を歩いていたら、トナカイの被り物した兄さんたちが「Lux・Super Richi」というシャンプーの試供品を街で配っていました。

 

道行く女性は、皆サンプルを渡されていたのに、私だけ無視された。(怒)

何で?私の髪の毛、そんなに痛んで見えた?

 

私は、シャンプーは美容院でちゃんとしたものを買うので、Luxごときの安物は興味ない。でも・・・、差別を受けたみたいで何かむかつく!!むかつく!!

昨日、美容院で最新式のトリートメントも当ててもらって、これでも髪の毛には気をつけているつもりである。

 

私、心狭いから、もうLuxは一生使わない。

 

他にも、日本橋あたりで、ホストがよく道行く女性に声をかけているのを見るけど、私、20代の頃から一回も声かけてもらったことないんですけど!(怒)

 

本日、資格取得のため、予備校に受講申し込みをしてきました。

決して、簡単な試験ではありませんが、最後まで頑張ります。

 

予備校があるのは難波。

さすがクリスマス・イブの難波。人で溢れかえっていたので、静かな奈良にすぐさま退散しました。

 

 静かなイブ奈良、最高!

 

f:id:kitaro-teturo:20161224131615j:plain

 

 

奈良の中でも、更に静けさを求めるなら、「きたまち」。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20161224131426j:plain

 

 

まるで、自分の家のような心地よさを覚えるカフェがあって、ここもその一つ。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20161224131352j:plain

 

 

さりげなく置かれているものや、流れる音楽、外の景色も全てが心地よい。

唯一無二の空間。

何から何まで、センスいいから、少し不便な場所でも行っちゃう。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20161224135106j:plain

 

 

 奈良まちにも、面白いお店があります。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20161224131413j:plain

 

こんな可愛らしいニャンズにもたまに出会えます。

 

「何で、このお店、こんないいものが所狭しと並んでるの?」って雑貨屋さんです。

普段から、いいもの知ってて、いいものがわかる人にはたまんない、粋なお店です。

例えるなら、天然のわさびとか、ふきのとうとか、ユリ根のほろ苦さ、みたいな。

 

でも、謎なのは、こんな素敵なお店がなぜ、こんなひっそりとした路地裏の奈良の一角にあるんだろう、ということ。東京にあるようなお店なのです。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20161223103019j:plain

 

 

私は、この堂々としたふくよかなお顔を拝むのが楽しみでもあります。