水無月の向日葵

昨日うちにやってきた向日葵たち。
イザナギイザナミ、アマテラスと名前を付けました。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624202159j:plain

 

 

 

「五月のキュウリの青みには、胸が空っぽになるような、うずくような、くすぐったいような悲しさがある(太宰治)」

 

 

水無月の向日葵の黄色には、胸が一杯になるような、
心踊るような、くすぐったいような眩しさがある

 

どうか、一日でも長く咲いて、
心の中もまぶしい色で一杯に染めてください。

海原には

 

f:id:kitaro-teturo:20170625122354j:plain

 

 

吾胸の底のここには

言ひがたき秘密(ひめごと)住めり

身をあげていける牲(にへ)とは

君ならで誰かしらまし by島崎藤村

 

 

 

 

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170625215810j:plain

 

 

人の世にはやわらぎを、

海原には鏡なす静けさを、

あらしには休息(やすみ)を、憂き身には熟寝を

 

 もたらす者はエロスである  byプラトン(『饗宴』)

 

 

永遠に

f:id:kitaro-teturo:20170624202220j:plain

 

向日葵たまはり帰路に着く夕刻ー。

 

ふくぶくしき顔のぞかせる二輪の花、
猶ほイザナギイザナミのごとく輝けり。

 

くにうみの大地から大和国への長い旅路。

 

 

花は儚きものと知りつつも、
とわに色あせず咲かなむと願いこめつつー。

 

 

 

 

 

国産みの地へ

 

f:id:kitaro-teturo:20170624173358j:plain

 

 

イザナギイザナミ

国産み神話で最初に作った島へ。

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161356j:plain

 

 

2度目に訪れたのは、10年前。

当時と変わらぬ、花咲き乱れるこの地で、

また新しい花に出会いました。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161412j:plain

 

 紫陽花の宴

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161421j:plain

 

 

吹く風は潮の薫り。

向こうには広がる海が。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161436j:plain

 

 

 

大海原の渦潮。

 

ザブンザブン

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624174059j:plain

 

 

今日もうねりをあげる。

 

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161442j:plain

 

 

お邪魔したお家の素敵なお庭。

 

短い旅路に別れを告げる、大和路快速の中にて記す。

愛ほしきもの

f:id:kitaro-teturo:20170621164622j:plain

 

叶うことなら

 

f:id:kitaro-teturo:20170621164714j:plain

 

愛おしきものあふれたこの街で、

 

f:id:kitaro-teturo:20170621165030j:plain

 

ずっとずっと暮らしたい

立ち退き

大家の娘が離婚して、住む所無いから私が出ていけと。

そんな立ち退き、理不尽すぎるでしょ。

ひどいでしょ、こんなのテロだよ。

 

戦えば勝てるけど、戦う気力がない。

 

もう、遠い場所に行こうかと、そんなことまで考えています。

 

 

さよなら大好きな場所

戦争で祖国を追われた人々や、被災して未だ故郷に戻れない人たちは、一体どれほどの喪失感に耐えて生きているんだろう。


朝夕の興福寺の鐘の音と、この街の佇まいが心底好きでした。


6年前、タンポポの綿毛みたいにふわりと奈良に降りたって、このお気に入りの場所を見つけました。

 

ずっとここに根を張って暮らしたい、そう願ってたささやかな思いは叶わなくなりそうです。

 

 

せめて、残りの日々を愛おしみ、慈しみ、引き抜かれてしまうその日まで、元気に咲き続けようと思います。