読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年も大崎上島へ

f:id:kitaro-teturo:20170331090622j:plain

 

 

29日から大崎上島へ。

これで来訪5年目になります。

 

竹原駅から港までの道中見つけた、なんともミモザの木。

これだけあれば、ドライフラワー、たっぷり出来るだろうなー。

 

f:id:kitaro-teturo:20170331090645j:plain

 

 

フェリーに乗って、只今から島へ!

 

この日は曇りで、船の外に出ると、風が寒くて寒くて・・・。

 

今回のお宿は、怪しげなゲストハウスのような場所。

 

夜は、宿主の非常に女子力の高い男の子が、

K師匠の誕生日祝いを兼ねて、島で集めた食材で、彼曰く

「貧乏懐石」を振舞ってくれました。

 

f:id:kitaro-teturo:20170331090740j:plain

 

ヒジキ

 

食材は、島で捕獲した猪肉や、大串海岸で抜いた野生の大根、

海で採った牡蠣や海藻でなどなど。

 

f:id:kitaro-teturo:20170331090756j:plain

 

牡蠣

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170331090724j:plain

 

 

ミルメ。

 

中でも猪肉のカレーがなんとも言えず美味しかったです。

 

生活力あって料理がうまい男の子って最高やわあー。

素敵やわあー。

 

本気でヒモが欲しいと感じました。

 

f:id:kitaro-teturo:20170331090817j:plain

 

 

雄町米を使ったお酒、賀茂金秀。

微発泡で、華やかどっしり系は私のストライクゾーンでした。

 

この日は、福山で友だちと束の間の逢瀬の後、島に向かったので

いつもより2時間遅い到着でした。

 

宴会で新しく知り合えた島の若人もいて、

実りある旅でした。

 

続きます。