読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふきのとう

 

f:id:kitaro-teturo:20170302145916j:plain

 

 

風は寒けれど、春を感じたく思い、

居酒屋さんでふきのとうの天ぷらと日本酒をば。

 

ふきのとう、子供の頃苦手だった食べ物が、今は大好物になっている、

そんな食べ物の一つ。

 

苦味が美味しいと感じるようになったのは、

いつ頃からだろう。

 

小さい頃は、好き嫌い問わず、

味覚の幅を広げるために、何でも食べたほうが良いと思う。

 

子供の頃食べたふきのとうは、中央の苦味が苦手で、

天ぷら部分を食べて、中身は目を閉じて食べた。

 

ふきのとう、

一口食べると、ほのかな苦みと、

あの、鮮烈な香りが鼻腔をくすぐる。

 

身体を春風が駆け抜ける。

 

季節の美味しいものを

シンプルに、いい器で少しだけ、時間をかけてゆっくりと頂く。

そんな食事は豊かだと思う。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170302150550j:plain

 

 

 

いつものお気に入りの、猫のいるカフェ。

何時間いても居心地良い。

 

回転率を気にせず長居させてくれるカフェは、私の生活には無くてはならない。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170302150837j:plain

 

 

苺のタルト。

甘くてやさしい、これも春の味。

カフェに行かず、まっすぐ帰れば節約になる。

でも、少しの贅沢は心の癒し。

そうしないと、毎日生きていけない。

 

自分は浪費家かもしれない。