永遠に

f:id:kitaro-teturo:20170624202220j:plain

 

向日葵たまはり帰路に着く夕刻ー。

 

ふくぶくしき顔のぞかせる二輪の花、
猶ほイザナギイザナミのごとく輝けり。

 

くにうみの大地から大和国への長い旅路。

 

 

花は儚きものと知りつつも、
とわに色あせず咲かなむと願いこめつつー。

 

 

 

 

 

国産みの地へ

 

f:id:kitaro-teturo:20170624173358j:plain

 

 

イザナギイザナミ

国産み神話で最初に作った島へ。

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161356j:plain

 

 

2度目に訪れたのは、10年前。

当時と変わらぬ、花咲き乱れるこの地で、

また新しい花に出会いました。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161412j:plain

 

 紫陽花の宴

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161421j:plain

 

 

吹く風は潮の薫り。

向こうには広がる海が。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161436j:plain

 

 

 

大海原の渦潮。

 

ザブンザブン

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624174059j:plain

 

 

今日もうねりをあげる。

 

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170624161442j:plain

 

 

お邪魔したお家の素敵なお庭。

 

短い旅路に別れを告げる、大和路快速の中にて記す。

愛ほしきもの

f:id:kitaro-teturo:20170621164622j:plain

 

叶うことなら

 

f:id:kitaro-teturo:20170621164714j:plain

 

愛おしきものあふれたこの街で、

 

f:id:kitaro-teturo:20170621165030j:plain

 

ずっとずっと暮らしたい

立ち退き

大家の娘が離婚して、住む所無いから私が出ていけと。

そんな立ち退き、理不尽すぎるでしょ。

ひどいでしょ、こんなのテロだよ。

 

戦えば勝てるけど、戦う気力がない。

 

もう、遠い場所に行こうかと、そんなことまで考えています。

 

 

さよなら大好きな場所

戦争で祖国を追われた人々や、被災して未だ故郷に戻れない人たちは、一体どれほどの喪失感に耐えて生きているんだろう。


朝夕の興福寺の鐘の音と、この街の佇まいが心底好きでした。


6年前、タンポポの綿毛みたいにふわりと奈良に降りたって、このお気に入りの場所を見つけました。

 

ずっとここに根を張って暮らしたい、そう願ってたささやかな思いは叶わなくなりそうです。

 

 

せめて、残りの日々を愛おしみ、慈しみ、引き抜かれてしまうその日まで、元気に咲き続けようと思います。

関西も梅雨入りしました。

 

f:id:kitaro-teturo:20170609200028j:plain

 

 

今日は朝起きたときから、口内炎が痛く、顔もむくんでいました。

きっと身体がお疲れなんでせう。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170609200034j:plain

 

 

こんな日は、癒しの空間へ行きませうぞ。

 

柳宗民の雑草ノオトは最近の愛読書。

イラストも綺麗だし、読むと紹介された植物に愛着が湧いてくる。

 

それにしても、こんなに時間に余裕がなく、自分に負荷をかけて大丈夫かな。

もう、体力が限界に近い気がします。

 

 

f:id:kitaro-teturo:20170609200042j:plain

多忙極まる

f:id:kitaro-teturo:20170607171137j:plain

 

 

今日も明日も、受験勉強、仕事が続く。

今したいこと、何も考えずに柔らかな布団で眠りたい。

 

 

今日から梅雨入りー。

島からの恵みが届いた。

 

f:id:kitaro-teturo:20170607170649j:plain

 

雨の日を優雅に幸せな気持ちで過ごせる大人になりたい、そう願い続けて、

未だに道半ば。

 

 

利用者の少ない図書館で、「マチネの終わりに」を読む。

 

「人に決断を促すのは、明るい未来への積極的な夢であるより、
遥かにむしろ、何もしないで現状に留まり続けることの不安だった」

By 平野啓一郎「マチネの終わりに」

 

降りしきる雨と、今日の私。

そう、そうなんだ、現状に留まり続ける不安なんだ。

そのために、今頑張んなきゃいけない。

 

そんな私の事、「勉強が趣味」って言う人が沢山いる。

違う、全然分かってない。

それ言われるたび、胸を痛める私にも気づいてくれてないだろうから、

もう、そんな風に言わないで。